アトリエ鍛

更新日:6月17日

アトリエ鍛の金工作家 宮田琴さんは、東京藝術大学美術学部工芸科(鍛金)から大学院、研究生を修了し、独立したアトリエを運営しています。アート作品から日用品まで、伝統的な技術「鍛金」を用いて、手仕事にこだわり、金属のぬくもり、やわらかさを感じられるよう、想いを込めて一つ一つ制作されています。

アート作品は、メインステージ秋葉原駅前ビルに「FUKUROU work place」、レクサス晴海に「心をすませば」などが設置されています。日用品は、ハートのぐい呑みや小皿、コーヒードリッパーなどがあります。全てが金工作家 宮田琴さんが金鎚で創り出した作品です。


福祥株式会社はアトリエ鍛の益々の発展の為、中国市場への窓口として協力して行きます。

紹介動画

ハートのぐい吞み

ハートの形の酒器

金工作家 宮田 琴さんとの記念写真

記念写真

30回の閲覧0件のコメント